合同説明会で話を聞くべき企業

新卒の就職活動をする際に、合同説明会に参加するということはよくあることでしょう。

この際に、大企業のブースは人気があふれているため、説明を聞きに行っても十分な内容の情報を得ることはできない可能性があります。



それに、通常の企業説明会よりも時間が短くなっているのです。
細かい情報が知りたければ、OB訪問などをすることが必要です。



また、内定を確保しておいて、就職活動に自信をつけていきたいと考えている場合には、大手企業ばかり狙うのではなく、中小・中堅企業にも目を向けておく必要があるのです。
では、合同説明会に行く際にどうすれば良いのかというと、あえてあまり人が集まっていないブースを訪れてみることが大切になります。
そこで、どんな事業を行っているのかということ、労働条件、財務状況、会社で大切にしていることなど、気になる情報を得るようにしていきましょう。

DYMの2013年度新入社員がサイトを制作しました。 >>DYM2013

気になる点があれば、質問を積極的にしていきましょう。

そうすることで、会社に興味を持ってもらえたと思ってもらえる場合があり、場合によっては選考が短くなり採用に結びつきやすくなることもあるのです。


こうしたメリットを生かすために、合同説明会では、あえて人気のある大手企業のブースばかりを訪れるのではなく、あまり人がいないような企業を訪れてみることをおすすめします。


できるだけ自分の実現したい進路に近づくことができるように、良いと思える手段をいろいろと使っていくようにすることが大切になってきます。